God Dwells in Small Things

アオシマのフェアレディZ (楽プラ)- 窓とホイール

アオシマのフェアレディZの窓パーツは前後左右が一つにまとまっていますが、ボディにフィットさせるには別々のほうがいいので、糸鋸でバラしてそれぞれボディに合わせて仮組みを行います。
リアウインドウは熱線のモールドがなく、0.9mmの等間隔で筋彫りを入れることにしました。デジタルノギスを使えば簡単かと思いきや、剣先をプラに押し当てる圧を一定にしたまま、手ぶれを抑えてまっすぐに引き切るのは難しかった!
それでもなんとかやり遂げ、薄いクリアーグリーンでオーバーコートしたら、Tipoのマルチシンナーの溶剤成分が強すぎたのか、一部が曇りガラスになってしまってご覧のとおりの失敗!
アオシマのパーツ請求を待っていると2週間くらいかかりそうなので、これも予備のキットからパーツを持ってきてやり直し。クリアーコートは気力が続かず省略です。
タイヤはABS樹脂の質感が良かったので、6000番のスポンジやすりを当てて艶を落としました。トレッド面にはフラットベースを混ぜたジャーマングレーを吹き、コントラストを強調しています。
ホイールはブラウン系のシルバーを地色として吹き、濃いめのスモーククリアーをウェットめにオーバーコート。イメージ的にはエッジが透けて地色のシルバーが顔を出すような感じを狙いました。
ここで改めてボディを被せてみると、リアのホイールアーチとタイヤの中心が合っていなかったので、シャフトの受けを少しだけ削って後ろにズラします。位置が決まったらプラ片を接着し、ガタつきを抑えました。

Leave a reply

*
DigiPress

1/43のメタル・レジンキットを中心に、模型製作のテクニックをわかりやすく紹介しています。
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 hand-built model cars.
Return Top