God Dwells in Small Things

ルマンのBMW M1 – フロントアウトレットと白塗装

BMW M1のボディを塗装する前に「やっぱりここは別パーツのほうがいいよね」ということで、ボンネットのアウトレットをくり抜き、中の導風板を作り直しました。
周囲のモールドを傷つけないようにテープで養生し、モーターツールとナイフ、タガネである程度の深さまで彫り下げます。
導風板2枚を0.2mm厚の洋白板から切り出し。形状は真っ平らではなく、気持ちカーブさせてやるとボンネットの局面に馴染んで自然な仕上がりになります。
白塗装の準備としてサフの研ぎが甘い部分、ざらついた箇所を見つけて、サンドペーパーやバフレックスを当て、スムースに均す作業が大切です。
小さな傷や凹みはラッカーのサフをちょんと塗って埋めます。筋彫りやルーバーの幅は、これから重ねる塗膜の厚みを考慮して、少し広げておいたほうが良い結果が得られるでしょう。
モールドの凹みの角(マイナスエッジ)にも塗料が溜まりやすいので、筋彫り用のツールで浅い溝を作っておくとダルくなるのを防げます。
こうして研いだ後の粉や汚れを中性洗剤で洗い流し、ロックペイントの2液性ウレタン塗料で塗装しました。

Leave a reply

*
DigiPress

1/43のメタル・レジンキットを中心に、模型製作のテクニックをわかりやすく紹介しています。
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 hand-built model cars.
Return Top