God Dwells in Small Things

BEEMAXのマクラーレンMP4/2製作記-29

BEEMAX/アオシマのマクラーレンMP4/2の進捗状況ですが、タイヤのサイドウォールにミシュランのデカールを貼りました。
IMG_5093デカールは表面のニスに艶があるので、#1500相当のスポンジヤスリで擦って艶消しにしてから水に浸します。
IMG_5099水から引き上げたデカールは、余白部分をカットするためにいつもの電池ボックスの上へ‥。こちらのほうが白黒でコントラストが強くなるので、台紙の上で切るよりもナイフの刃先の見極めがつきやすいのです。
IMG_5096デカールをサイドウォールに乗せてGSIクレオスのマークソフターで馴染ませた後、さらに強力なTRONのゴムタイヤ専用軟化剤を表面にひと塗りして完全に密着させます。瓶の蓋に付いた筆は使いにくいので、コントロールの効く面相筆で塗りましょう。
IMG_5102TRONの軟化剤を使う場合、乾くまで絶対に触らないのが鉄則! でも今回はご覧のように下地の凹凸が激しかったので、途中で半田コテを使った蒸し綿棒作戦も併用しています。
IMG_5094モデルファクトリーヒロから出ているジョーホンダ氏の写真集を眺めていたら、『MICHELIN』のロゴの位置は、『GOOD YEAR/EAGLE』のようにタイヤの表裏で対になっていないことに気がつきました。
IMG_5104とりあえずフロントタイヤ分は終了! 場合によっては汚し塗装や文字の書き込みを加えるかもしれません。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. そのままで行きましょうよ。
    汚し塗装はリアルですが、書き文字
    となると・・・う~んって感じますけど。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top