God Dwells in Small Things

その後のTyrrell 019

まー、1ヶ月もあれば出来るだろうとタカをくくっていたタメオの019ですが、来週の締め切りを目前にしてちょっと、いやかなり切羽詰まった状況ですワ。

IMG_4256

ボディの直しに時間が掛かったのが遅れの原因‥。ティレルはカラーリングがシンプルだから、ここまで仕上げれば後はラクじゃない?って思うでしょ?

IMG_4262

マスキングしてブルーを吹いたら、エッジの塗膜が逃げる逃げる‥。こうなったらいくら重ね吹きしてもダメなので、シンナーを含ませたキムワイプで拭いてやり直しました。塗装って難しいなぁーと改めて感じる今日この頃です。

IMG_4263

デカールの銀ラインを切り取って貼り付け‥。ノーズを伸ばしてあるから長さが足りないことに、もっと早く気づくべきでした(笑)

IMG_4259

リアウイングに至ってはまだ素材のまんまですよ。折れない心でがんばりましょー!

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 3 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 来週が締切ですか?かなりタイトなスケジュールで製作されているのかな?と推察します。塗装は難しいですよね、ホワイトの上にブルーならば先にフィニッシャーズのファンデーション・ブルーを吹くか、それとも筆でブルーをエッジに塗っておくか。自分は迷わず前者ですよ、その方が楽そうだからです。

  2. 追加されたパネルライン・カウルファスナー・この時代独特のサスアームの角穴処理
    修正されたフロントノーズやコクピット周り・リヤのオイルクーラーのダクト等など
    まだまだ沢山、手が入っていると思いますが本当に素晴らしいです。
    私も2台ほど作ったことがありますので、ここまでのご苦労が分かりますよ。
    締め切りまで頑張って下さい!応援しております。

  3. ティレルブルー、確かにエッジ部の色が乗ってないですね。元々エッジは色が乗り難いのですが、今回のカミムラさんのケースでは、どのような原因によりエッジに色が乗り難かったとお考えですか?
    発色を良くしようとして混色を避けると、隠蔽力の弱い色(今回のブルーなどもその例ですよね)で起こりがちなトラブルではありますが、カミムラさんがどのような塗装をされたのか気になりまして・・・。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top