God Dwells in Small Things

Bosicaの356Speedster製作記-23

昨日作ったトノカバーをセミグロスブラックで塗装、留めフックを取り付けてみると、エッジのモールがやや太すぎるように思えたので、外周を削ってひと回り細く調整しました。
DSCF8391ボディ表面のサーフェイサーの塗膜を#800-1000のサンドペーパーで研ぎ出すのと並行して、ボンネットやドアのクリアランスを調整します。
DSCF8395上の画像でいえば、向かって左側のクリアランスは適正、右側は狭すぎるので、エッジを削って僅かに広げる必要がありました。
DSCF8398こちらはバンパーの中央部に取り付けるメッキモール。薄刃のダイヤモンドディスクでランナーから切り取り、ゲートの出っぱりを削り落とします。
DSCF8399ゴム板の上で圧を加えてカーブをつけ、バンパーの凹みにフィットさせます。もちろん一発では決まらないので、プライヤーを使ってそっと曲げたり伸ばしたり、微調整は必須です。
DSCF8400バンパー側の凹みも均一ではないので、昨日紹介した筋彫り用ヤスリでエッジを整え、メッキモールをスムースに落とし込めるように調整しました。
DSCF8388残るはサイドモールのエッチングパーツ‥。これをなんとかしないと次の段階に進めないので、無い知恵を絞ってなんとかしたいと思います!

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 毎日毎日、作業を続けられているんですね。
    BOSICAのキットは欲しいですが手が出ません。
    最近は製作意欲が減退して困ってます。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top