God Dwells in Small Things

スーペリアモデルの250GTOのリペイント-2

10年前に作ったスーペリアモデルの250GTOの塗り替えプロジェクトです。プロジェクトってのは大げさですが、シルバーの4153GTのボディを、紺色の4219GT風にチェンジします。
あくまでも『風』なので、内装などはイジりませんが、リアのホイールアーチのリップは無いほうが良かろうということで、出っぱりをプライヤーで挟んで潰し、上からステンレス用のハンダを盛ってボリュームを足しました。
棒ヤスリで形状を作った後、細かい凹みにはウレタンサフを筆塗りして埋めます。1-2日ぐらい放置してから、研ぎは#400のサンドペーパーです。プラ板で裏打ちしたものならピシっと面が出ますよ。
ボディはニッケル製でとても固い! アーチの形状はモーターツールに付けた砥石で整えました。
ノーズまわりも同様に、ウレタンサフを筆塗りして凹みやキズを補います。ヤスリの整形作業にこだわるとキリがないので、適当に切り上げて1回目のサフを吹きました。
ボディの持ち手にはいつもラジオペンチを使っているんですが、乾燥機から取り出した途端、グリップを締めていたゴムがポロリ(笑) ボディが無事で良かった! これからは定期的な交換を心がけます。

Sponsored Link

Leave a reply

*
DigiPress

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top