God Dwells in Small Things

McLaren F1-GTR’96-5

リアウイングの続きです。前回のエントリーでは2mm厚の真鍮板に溝を切って凹断面を作るところまで進みました。糸ノコでウイングの前後幅に合うように切り取り、前後のエッジが薄くなるように裏面を削り取ります。

Today I remade the rear wing with brass and nickel silver… a bit tough work.

IMG_2286

モーターツールで荒削りした後、鉄ヤスリで面を作り、サンドペーパーで仕上げていきます。左手でパーツをしっかり持てない場合は、下の画像のように肉厚の土台に瞬間接着剤で仮止めして作業すると、ヤスリがけのストロークが安定しますよ。

IMG_2300

長さのあるパーツにヤスリを掛けると、どうしても両端のエッジがヨレて甘くなりがちです。『捨て寸』という言葉が適当かどうかは判りませんが、あらかじめ長さに余裕をもって作っておき、最後の最後で余りの部分を切り落とすようにしています。

IMG_2281

その一方でウイングステーのエッチングパーツが、いくら探しても見つからない‥。10数年のブランクを埋めるのは、やはり大変ですね。

Sponsored Link

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top