God Dwells in Small Things

Esprit of 250GTO-32

昨年12月にスタートしたエスプリ43の250GTOですが、製作記のほうは本日で最終回です。まずはノーズ脇の補助灯のレンズ作りから‥。

Today I have finished Esprit43’s 250GTO at last. Regarding the clear cover of the square light, I made a positive die with brass at first and then pressed a heated 0.3mm PET sheet on it. I also prepared small p-e washers for the taillight and glued them to the body with epoxy.

IMG_3683

1.0mm厚の真鍮板の裏側に持ち手を付け、長方形に削ってボディのモールドにハマるように調整してから、表面に糸鋸で縦ミゾを切って雄型を作ります。0.3mmのPET板をガスコンロで炙ってヒートプレスし、余白を調整してエッチングの外枠と共にボディに接着しました。

IMG_3685

テールランプの台座は鉄道模型の吊り皮用のエッチングパーツを加工、レンズはキットパーツの裏のアルミ箔を剥がして使うことにします。

IMG_3687

先に台座のほうをボディに取り付け、真ん中の空きスペースをシルバーで筆塗りしてから、レジンパーツを接着していきます。

IMG_3689

運転席前方のバイザーは、付属のエッチングパーツとアニメセルを切り抜いて作りました。取り付け先のボンネットは微妙にカーブしているので、エッチングの端が浮かないよう、こちらも微妙に曲げてあります。

IMG_3747

最後にフロントウインドウ上辺の金具3つをさかつうの帯金(幅0.8mm、厚さ0.1mm)で作り、表面を黒染めしたものを貼って完成です。明日には完成写真をアップできると思います。長らくお付き合い頂きありがとうございましたー!

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 上村さんの超絶モデリングが見られなくなると寂しいですね。自分もここまでは正直ムリですから。次回作を期待しています。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top