God Dwells in Small Things

戦前のクルマ・ブガッティを作ってみよう-21

気がつけばすぐカオスになってしまう机の上で、ブガッティの模型を作っています。仮にこの状況から想起される最大の恐怖は、右手の奥にあるシンナー瓶のぶちまけか、左奥の円台に置いたボディを引っかけて落としてしまうことでしょうか…。考えるだけでも恐ろしいので(笑) いったん片付けてから先に進みましょう。
コクピット手前のウインドシールドは、何度か作ろうとしましたがどうにも面倒で手が止まってしまい、この終盤戦まで引っぱってしまった難しい課題です。
ぼんやり眺めていても完成しないので、上と下の2つに分けて考えてみます。下側のヒンジ(台座)の部分は、流用できそうなパーツが見つからず、意を決してエッチングパーツの枠を使って自作することにしました。
こういった小さい金属パーツの整形は、モーターツールと精度の高い薄刃のダイヤモンドディスクが便利です。1発で正解の形が出ることは希ですが、手順も含めてミスをフィードバックしていけば、そのうち良いものが出来ます。たぶん…。
さて、5月13-14日の合同作品展まで残り1日という状況で、とりあえずクルマの模型として見られる形にしておかないと、せっかく見に来ていただいた方にもうしわけない!と思って、昨日は久しぶりに夜中の2時まで老体にムチ打って頑張りましたよ。

途中でお約束の『パーツ紛失』→『必死になって探す』→『もうダメ! 新しく作ったほうが早い』→『なんだ、こんなところに…』という、井上陽水の歌のようなドタバタもあって楽しめました(笑) 

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. こんにちは はまくくです。
    御無沙汰してます。

    ブガッティ。
    レースカーなのに渋いし、おしゃれに
    感じてしまいます。
    カミムラさんのセンスなんでしょうね。

    明日の静岡ではどのような姿で
    展示されるか楽しみにしてます。

    よろしくお願い致します。

Leave a reply

*
DigiPress

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top