God Dwells in Small Things

テクノモデルのアルファロメオTipo33 – ボディの改修3

1/43のTipo33 ストラダーレに戻って..。ボディの改修時に埋めてしまった給油口カバーの筋彫りは、実車写真を参考に追加します。
フリーハンドでは無理な形状なので、0.3mmのプラ板でテンプレートを作り、円錐状のツールでなぞって深彫りしました。
以前に真鍮板で作っておいたインテークのカバーを接着。黒い瞬間接着剤を盛るところは下地のサフを剥がし、レジンの表面も荒して食いつきを良くしておきましょう。
瞬着にマイクロビーズのパウダーを混ぜて練ると硬化が早まりますが、念のため1日くらい放置してから、180番のサンドペーパーで形を整えます。
やすりやナイフで削ったときにポロポロ欠けてしまうのは、瞬間接着剤が古くて劣化しているせいかもしれません。サラサラした低粘度タイプの瞬着を染み込ませるように塗布し、固めることで対処しました。
キットのメッシュパーツをゴム板の上でカールさせ、開口部に合わせてフィッティング。次回は削り落としてしまったホイールアーチのリップの再生作業を紹介します。

Leave a reply

*
DigiPress

1/43のメタル・レジンキットを中心に、模型製作のテクニックをわかりやすく紹介しています。
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 hand-built model cars.
Return Top