God Dwells in Small Things

テクノモデルのアルファロメオTipo33 – ウインドウ原型

ブログでは久々ですが、作業のほうは地味に進めていたテクノモデルのTipo33ストラダーレ。今回は窓枠を兼ねたウインドウの原型の作り方を紹介します。
開口部の形状をマスキングテープに写し取り、0.2mm厚の洋白板を糸鋸で切り抜くまではサイドウインドウと一緒です。テープの輪郭より若干大きめに切っておくといいです。
最初に左右のルーフの角から前方に向かって落ちるラインをプライヤーで曲げて作り、次にトンカチの丸いほうの頭で軽く叩きながら膨らませていきます。ルーフの角の小さなカーブは、真鍮棒の先を丸めたものを当てがい、やや強めに叩いて形を作りました。表面の凹凸はここでは気にしなくてOKです。
フィッティングの方法はバキュームフォームの窓を合わせるのと同じで、素材が硬いか柔らかいの違いだけです。最初にある1辺(仮にAとする)に狙いを決めて、そこから隣り合うカーブ(B)、その次の1辺(C)といった感じで、順番に合わせていきます。
「これでヨシ!」と納得するまで1時間くらい掛かりますが、ボディのプロポーションをいじってしまった以上は避けて通れない作業です。全ての調整が済んだら裏面にサフを吹き、ワセリンを塗ってからエポキシパテを隙間なく押し付け、完全に硬化するのを待ちましょう。

Leave a reply

*
DigiPress

1/43のメタル・レジンキットを中心に、模型製作のテクニックをわかりやすく紹介しています。
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 hand-built model cars.
Return Top