God Dwells in Small Things

テクノモデルのアルファロメオTipo33 – フロント修正

先週はTipo33のフロント周りを弄っていました。まずは全体の形状を確認するためにラッカー系のサフを吹いて、どこをどうすればカッコよくなるかを考えます。
前回のエントリーでフェンダーの高さの目安にした真鍮線は剥ぎ取り、その凹みには黒パテを充填して整形しました。
透明のライトカバーは新たにヒートプレスで作り直すつもりなので、エポキシパテで原型を作成。あらかじめボディ側にサランラップを巻いておき、練ったパテを詰めれば簡単です!
10時間ほどでパテが硬化したらラップを外し、セメダインのハイグレードでボディに仮付けした状態で、フェンダーごと削って面を整えました。
ちなみにこの接着剤、周囲から水を染み込ませると結合が緩み、かんたんに取り外すことが出来ます。
再びサフを吹いて形状を確認。Aピラーの位置はもっと外寄りのほうがそれらしくなるので、黒パテを盛って幅を広げました。
フロントウインドウの開口部を前方に広げた影響で、消えてしまったインテークの天板を0.3mmの真鍮板で作り直します。
小槌で叩いたりプライヤーで曲げ伸ばしを繰り返し、後縁のエッジが少し立ち上がる弓状の板を作成。加工で生じた表面の細かな凹凸は、ハンダを流して埋めています。
ノーズを縁取るシルバーのモールは、0.5mmのアルミ板から糸鋸で切り出しました。ボディ側の凹モールドに嵌るように両端を曲げて調整し、表面をサンドペーパーとゴム砥石で磨いて仕上げます。

1/43のメタル・レジンキットを中心に、模型製作のテクニックをわかりやすく紹介しています。
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 hand-built model cars.
Return Top