God Dwells in Small Things

ルマンのBMW M1 – ルーバーとウインドウ

II号戦車のフィギュアの目処がついたので、BMW M1の製作を再開しました。来月の静岡ホビーショー合同作品展に出すつもりですが、今からこれで間に合うのかなw
久々にキットの蓋を開けたらボディが入っていなくて、「あれ〜どこにしまったっけ?」と探すこと10分、アルファロメオT33と一緒の箱の中にありました。仕掛かり品の管理はちゃんとしとかないとダメですね。
ルーフのルーバーを開けた時に気になっていたエンジンルーム上のルーバーですが、思い切って開口することに…。
表側のモールドをある程度深彫りしたら、裏からバリバリ削って貫通させます。舞い上がる粉塵が半端ないので、掃除機で吸いながら作業しました。
リアクオーターガラスの周囲にも細いルーバーのモールドが刻まれていましたが、深さが足りないので彫り直し…。
一通り作業を終えてから資料を確認してみると、ピラーに向かって先細りの形状であることに気がついたので、内側から幅を狭く削った後、ウレタンサフを筆で盛って形状を修正しました。
フロントウインドウは、キット付属のパーツに目立つエクボがあったので、新たに0.5mmのアルミ板を曲げて原型を作ります。
PET板をガスコンロで炙り、フニャッと柔らかくなったところをヒートプレス。板厚は0.3mmが厚すぎず薄すぎず、適当かと思います。

1/43のメタル・レジンキットを中心に、模型製作のテクニックをわかりやすく紹介しています。
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 hand-built model cars.
Return Top