God Dwells in Small Things

P4/5製作記33-完成の不思議と接着剤の使い分け

カーモデルの製作というのは、ハタから見ると同じような作業の繰り返しで「なかなか完成しないよね」と油断しているうち、ゴール目前で加速度的にスピードが上がって「あれ、もう完成しちゃったの?」と、ある種の呆気なさを感じることがあります。
このP4/5もウインドウを付けて外観が整ってからの作業は格段に捗り、我が事ながら大変驚いている次第です。ハイ。
エンジンルームを閉じる前に、オイルタンクとダンパーの配管を2種類の太さのハンダ線で追加しました。太いほうは表面に鉄ヤスリでスタンプしてメッシュホースっぽく仕立てています。
ノーズのインテーク中央には小さな板状のスプリッターがあるので、固定用のネジを閉め切らないうち、黒いワンパンチ(瞬間接着剤)で取り付けました。
ホイール取り付けの際、ありがちなのがタイヤハウスの奥から光が漏れている現象。「ここは意外と無頓着な人が多いから、カミムラ君は気をつけてね」と、野村勲氏から頂いたアドバイスをいつも思い出します。
野村さんはあらかじめ仮組みの時点で真鍮板を入れ、隙間を塞いでいました。でも僕にはマネできないので、黒いつや消しデカールや黒のメタルックを帯状に切ったものでシールするようにしています。
ホイールの塗装は以前に塗ったものが若干暗すぎたので、ワントーン明るい塗料で塗り直しました。接着は1輪ずつ、プラ板やプラ棒をシャシーの下に挟んで車高を確保した状態で、黒のワンパンチで固めていきます。
タイヤの浮きを調整したい場合、サスアームはもうイジれないので、ブレーキディスクの取り付け用ダボを削って上下させ、最適な位置で接着剤が固まるのを待ちます。
いざリアカウルを取り付けようとしたらピッタリ閉まらない! パーツの多いモデルではありがちなことで、焦らず原因を見極めることが大切です。今回は下側のエキパイ出口が干渉していたようで、カウルの開口部を削って広げることで解決しました。
最後に残った小物パーツを一つずつ接着していきます。ナンバープレートとエキゾーストの先端パーツは、セメダインのハイグレード模型用を使用しました。経年変化の黄ばみがなく、接着力も意外と強力なところがお気に入りです。
ナンバープレートの上の『Ferrari』のエッチングネームも、水で薄めて流動性を増したセメダインを使っています。エッチングをマスキングテープで仮止めした状態で、隙間のところどころに筆で染み込ませるように塗布しました。
作業時間に余裕が欲しいパーツに関しては、エポキシ接着剤がベストの選択でしょう。このサイドミラーのように面積の少ないものは瞬間接着剤のほうが強度的に安心できますが、もしまごついて周囲にはみ出したときのリカバリーは不可能に近いです。
今回も「これで完成だぁ!」と意識した途端に指先のふるえが止まらず、ダボ穴の周囲を盛大に汚してしまいました。でも、エポキシ接着剤ならそのまま20分ほど待ち、半硬化状態で不要部分をきれいに剥がせるので問題なし。メデタシメデタシ。

Leave a reply

*
DigiPress

1/43のメタル・レジンキットを中心に、模型製作のテクニックをわかりやすく紹介しています。
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 hand-built model cars.
Return Top