God Dwells in Small Things

P4/5製作記32-ウインドウの接着

P4/5は難関だったヘッドライトが片づいたので、前後左右のウインドウを接着していきます。その前にドアとリアカウルをもうひと磨き…。
磨いているうちに綿棒が赤く染まったら危険水準に達したサインなので、そこで手を止めてコーティング剤を塗布します。カーモデル用はハセガワとクレオスの2社から出ていますが、使い比べた感じではハセガワのほうが傷埋め効果が高いようです。

サイドウインドウの小窓がエッチングパーツで用意されているので、曲面に沿って軽く曲げ、セメダインのハイグレード模型用を水で薄めたもので内側にピタッと貼り付けました。
サイドウインドウそのものは、5分硬化タイプのエポキシ接着剤を使って片側ずつ取り付けていきます。
エポキシは粘度が高く、固まるまでに時間の余裕があって位置の微調整がしやすい反面、押さえ込みが過ぎると接着剤が外にはみ出してくるので、力の加減が難しいところです。
続いてフロントウインドウを取り付けますが、先端がダッシュボードと干渉しないように、必ずシャシーと一緒に組んた状態で作業しましょう。リアのエンジンフードも同様に… 自然光だとこんな感じに見えます。ほぼ破綻なく収まってくれて「ありがとう!」という気持ちです。

Leave a reply

*
DigiPress

1/43のメタル・レジンキットを中心に、模型製作のテクニックをわかりやすく紹介しています。
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 hand-built model cars.
Return Top