God Dwells in Small Things

P4/5製作記26-エキゾースト周辺の小細工

P4/5の製作記のまとめ。今回はリアカウルに付ける遮熱板のフィッティングと、エキゾーストパイプの開口作業です。
パーツが小さいのでしっかりホールドできるように真鍮線のダボを接着し、ピンバイスに固定した状態でリューターで開口します。先端工具はとっかえひっかえ、エッジはできるだけ薄く、凹みの内面もなるべく滑らかに仕上げられれば理想的です。
リアスポイラー下のブレーキランプ周辺は、カーボン模様が剥き出しなことに気がついたので、余っていたF1用のデカールをカットして貼りました。
BBRのF2001を作ってからもう20年経ちますが、劣化もなく曲面にスッと馴染んでしまうデカールの素晴らしさよ!
レジンパーツは万が一の透けに配慮し、チャコールグレーのサフ→白サフ→半艶ホワイトの順で塗装。内側はエナメルのジャーマングレーを筆で差しました。ボディとリアカウルの合いも理想的で、ホッと胸を撫で下ろしているところです。
フロントノーズの中央には小さなエッチングのプレートを取り付けるよう指示があったので、同じカーボンデカールを巻くように貼って馴染ませ、クリアーコートで仕上げました。
所定の位置に取り付けるとこんな感じ。画像だとブレーキダクトのエッジの甘さが目立つので、もう少しだけ手直しが必要みたいです。

Leave a reply

*
DigiPress

1/43のメタル・レジンキットを中心に、模型製作のテクニックをわかりやすく紹介しています。
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 hand-built model cars.
Return Top