God Dwells in Small Things

ガスタービンエンジン2

STPパクストンのガスタービンエンジンの続きです。パーツが細かく分割されているので、それぞれ#600-800-1000-1200-1500の順でサンドペーパーを掛けました。対象となる面に合わせてペーパーと当て木の幅を変えてやると、面がよれたりエッジをなめたりすることを防げます。

IMG_3518

排気口のパーツは、ロータス56のものが小さ過ぎて見栄えが悪かったので、すでに完成していたモデルからパーツを外し、シリコーンゴムとウレタンで型取り・複製したものを使います。

IMG_3519

型枠は紙コップ(笑)を利用して、ゲートは2mmのプラ棒をアンダーで付けてみました。ゴムが硬化したら、デザインナイフでゲートに沿って切り裂き、原型を痛めないように取り出してから、湯口を作ったところに2液のウレタンレジンを流し込みます。

IMG_3520

購入してもう3年以上は経つレジンでしたが、幸運にも気泡はほとんど入りませんでした。ゲートをていねいに処理して、タメオのパーツと組み合わせます。かなりコンパクトなエンジンです。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. シリコンゴムで型取りしてレジンで複製までしてしまうんですね。昔、自分もシリコンゴムで型取りして、何かのパーツをFRPで複製した事ありますが、ここまでの再現力では無かったです。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top