God Dwells in Small Things

ルーペいろいろ

以前のブログに少しだけ書いたルーペの話。本当はカールツァイスの3×12あたりが欲しいんですが、値段が値段なだけに! 先々代のデジタルカメラで使っていたマクロ用のアダプターレンズをそのまま愛用しています。

Here are my magnifiers in common use… necessary to check micro scratches when I polish clear vanish, no excess glue when I fit some small pieces, etc.

IMG_2680

倍率は2倍と4倍の2種類あって、常用しているのは4倍。カメラレンズの先端に取り付けるためのアダプターが、手で持ったときにちょうど良い大きさで持ちやすいんですよね。

IMG_2687

使い方としては、コンパウンドで磨き上げた後のキズの消え具合を見たり、パーツの接着後にはみ出しが無いかチェックしたり、最近では塗装部屋にまで持ってって、塗り上がりがキレイかどうかの確認にも使うようになりました。

IMG_2686

こちらはタミヤのヘッドルーペ。眼鏡タイプで使いやすいですが、老眼鏡と違ってルーペなので、長時間使用すると目が疲れやすいというデメリットがあります。レンズ交換式なので、普段は1.7倍、タッチアップなどの微細な修正を行う時は2.5倍のレンズに差し替えています。

IMG_2681

こちらは上まぶたと下まぶたの間に挟んで使うタイプの単眼鏡。時計の修理工がよく使っているイメージでカッコ良かったんですが、あまり出番がなくてホコリを被っております‥。タミヤのヘッドルーペと比べて焦点の合う距離が短すぎるので、模型用途としては使いにくいかもしれませんね。

※ルーペに関しては個人によって使用感に差があるので、ご自分でいろいろ試してみるのが一番だと思います。ちなみに石坂浩二氏の広告でお馴染みの『Hazuki Loupe』は、かけてみるとクラクラとめまいが起きそうな感覚で、どうにも馴染めませんでした。

Sponsored Link

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top