God Dwells in Small Things

サカイマシンツールのML-210(その2)

昨日は約8時間ほど、PAXTONのフューエルキャップを作るために旋盤と格闘していました。素材となるアルミ(A2017、楽天で購入)は直径8ミリ、目的のパーツは最外径が3ミリ足らずなので、もっと細い材料から削り出せば時間も労力も減らせるんでしょうけど、ホームセンターで手に入る細めのアルミ材は柔らかいものが多くて、この種の細かい切削工作には向かないんですね。

IMG_3422

フューエルキャップの外周にはボルトが12本、等間隔で並んでいまして、模型では0.3mmのドリルでモールドを入れていけばそれらしく見えるんですが、この等間隔というのが難しい! 本格的に攻めるならフライス盤と割出円テーブルを使うんでしょうけど、今回はそこまで予算をかけられないので、エッチングの治具を使って手作業でモールドを入れることにしました。

IMG_3424

ちょうど手元に’90年代のF1用給油口に使うエッチングパーツがあったので、小さな凹みのモールドをドリルでちまちまと開口。それを旋盤で削り出したアルミ材に重ねて瞬間接着剤で仮止めし、モーターツールに取り付けたドリルで穴を開けていきました。

IMG_3425

試作品やエッチングを3つ4つダメにしながら、ドリルの刃を向ける方向や力加減を工夫してみたものの、思うような結果が出ないまま夜の9時をまわり、”もうダメか?フライス使える人に外注しちゃおうか?”と風呂に浸かりながら考えていたその時、”そうだ! 外周の肉を薄くして0.25mmのドリルで貫通させてから、エッチングを外して裏側からリーマーで微調整すればイケるかも?”とアイデアがひらめきました。

IMG_3426

風呂から上がって、いつもの就寝時間を蹴っ飛ばして残業した結果が上の画像です。パクストン、手強いです(笑)

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. パーツに約8時間ですか、改めてキット眺めたんですけど自分が作る時はキットをキットなりに完成目指して製作します。
    でも、カミムラさんの完成した作品観たら「あのキットがねぇ!」と思うんでしょうね(笑)

  2. たった一つのパーツを製作するのに8時間も・・・それだけの時間を掛けるから素晴らしい作品が出来上がるのですね、敬服いたしました。

  3. 突っ切る際に、部品を飛ばさない方法を活用していただいているみたいで嬉しいです。それにしても、大きさ最大径で3mmですか?凄すぎです。

    • さすがにこれだけ椅子に座る時間が長くなると、立ったときに思うように腰が伸びません(笑) たまにエビ反りストレッチで戻さないと、将来は腰が曲がりそうです。

      COJICOJIさんに教えてもらった突っ切りの方法を導入してから、パーツの紛失はゼロ! どうもありがとうございました。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top