God Dwells in Small Things

BEEMAXのマクラーレンMP4/2製作記-10

BEEMAX/アオシマのマクラーレンMP4/2、一週間ぶりの更新はエキゾーストマニホールドの仕上げ磨きから‥。
IMG_3216僅かに残ったパーティングラインはナイフの刃を立てて削り、5mm四方に切ったスポンジヤスリをピンセットでつまみ、押し当てるようにヤスリ掛けを行いました。以前に紹介した書籍『AFVモデル塗装ガイド』で学んだものですが、かなり使える手法なので試してみて下さい。
IMG_3217続いてリアサスのショックアブソーバーのスプリングを0.6mmの真鍮線から自作しました。最初は計算違いで直径2.9mmのドリルに巻き付けたら太すぎて失敗(笑) 2.2mmのドリルを軸にするのが正解でした。
IMG_3221中心のダンパーは0.7mmの洋白線と2.4mmの真鍮パイプの組み合わせです。スプリングは真鍮用の黒染め液で染めています。
IMG_3222ギアボックスエンドの筒状のパーツは、接着の継ぎ目をきれいに仕上げるが難しかったため、先端を切り取って真鍮パイプで置き換えました。オイルラインのコネクターには、純正ディテールアップセットに入っていたメッキパーツを使おうと思いましたが、細い部分が強度不足で折れやすくなっており、六角ユニオンなどで自作したほうが安心できそうです。
IMG_3214突出しピン跡を平らに埋めたリアウイングのパーツは、光の透け防止に黒を吹いてからサーフェイサーを重ねました。そろそろボディの塗装も始めないと、9月の完成は難しそうですね。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 9月までの完成となると、残りは2週間前後ですかね?
    自分も仕事&子供達の宿題の面倒を見ながら、少し
    ずつ作っています。先は長そうです。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top