God Dwells in Small Things

YOW MODELLINIのP4/5Cレジンキット製作記-7

P4/5Cの筋彫りの修正はウレタンサフで埋めるのを諦め、瞬間接着剤+アルテコパウダーでやり直しました。

I’m still in the carving process of the P4/5C body…
IMG_0754接着剤を充填した上にパウダーをまぶし、1-2分経ったところで、サフでやったのと同じようにナイフの刃を押し当てています。
IMG_0759シートバックのベルト通しの穴も、いったんアルテコパウダーで埋めてから開け直しました。
IMG_0763ルーフを横切る筋彫りについては、完全硬化後に0.15mmのタガネとガイドを使って彫り直しています。別パーツ化したダクトを取り付けるタイミングをいつにするか? 悩ましいところです。
IMG_0758増幅したノーズの両脇にはカウルの分割線を入れてみました。元絵のCG画像には固定用のフックが収まる凹みがあるので、タガネを使ってやや大きめに彫り下げておきます。
IMG_0765サイドフィンは形状を確認するため、プラ板で作った試作品を差し込んでみました。これでOKなら0.2mm厚の洋白板で作ってみようと思います。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 3 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 連投失礼します。スジボリの件は前(?)のページに書きこんであります。
    アルテコと殆ど同じ原理ですが、ピンホール埋めにも使えます。因みに
    所謂、剥がれは全くありません。

    • 天花粉の件、ありがとうございます。アルテコの粉が切れたら使ってみます。

  2. どういたしまして。天花粉はホームセンターでは販売されていないので
    理容店(行きつけの)の人に聞いて、入手されたら良いと思いますよ。
    あっ!それと、自分のメールアドレスが変わったので、メールBOXを見て下さいね。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top