God Dwells in Small Things

ファインモールドのくろがね四起製作記-14

くろがね四起のヘッドライト工作の続きです。薄い真鍮板を叩いて延ばして半球状に整形したものを削り出し、ひさし状のカバーを作ります。
整形作業はモーターツールのダイヤモンドディスクで、仕上げは#400のサンドペーパーです。ライト本体への取り付け軸は、アドラーズネストの六角ボルトを加工したものを差し込み、半田で固定しました。
半田付けしたボルトの先端は短く切り揃え、ライト本体に設けた凹みにパチンとはめ込めるようにします。このちょっと眠たい感じの表情、アーマーモデリング2008年6月号の大塚康生氏の記事中にあった写真を再現したかったのです。
もう一つ同じものを作ったところで、万が一塗装が剥げても大丈夫なように黒染め液に浸し、カーキを上塗りしました。
ヘッドライトの反射面はコンパウンドで磨いた後、タクミのスーパーミラーIIを直吹きしています。中央のバルブのモールドは削り取り、先端を丸めた洋白線を差し込む形に変更しました。
あまり使ったことのない打ち抜きポンチでマスキングテープを丸く切り抜き、同じようにカーキを吹いています。
ライトを作り終えて一息ついたところで、なんとなく違和感を憶えたフレームの内側部分を修正します。ここは内側がエグれたチャンネル構造になっているようなので、モーターツールで凹みをつけるように削りました。
リア側のフレームも同じように肉を削り取り、GSIクレオスのグランドブラウンを筆塗りすれば完成です。

Leave a reply

*
DigiPress

1/43のメタル・レジンキットを中心に、模型製作のテクニックをわかりやすく紹介しています。
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 hand-built model cars.
Return Top