God Dwells in Small Things

雑誌『モデルグラフィックス2018年10月号』

先月号では書くネタを探せずお休みしました、モデルグラフィックスの新刊レビューです。巻頭特集は『模型用工具のメンテナンス』と、かなり地味なとこ突いてきますね。

ニッパー、金ヤスリ、筆、ハンドピース(エアブラシ)、コンプレッサーそしてタガネ研ぎと、項目別にそれぞれ3-4ページ、なかでもエアブラシの項は倍近いページを割いて、日常のメンテナンスから分解洗浄のやり方まで、手取り足取りといった感じで解説されています。
ちなみに僕が学生の頃、初めてエアブラシを分解した時の思い出としては、まずこのローレット/溝加工された『軸つなぎ』パーツがなかなか外れず苦労しました。
あと、オリンポス製のエアブラシは本体の筒の中に真鍮製の『ストッパー』がネジ込まれていて、このストッパーの下側にある回転止めの小ネジの存在に気がつくまで2週間くらい掛かったという(笑) なんとも機械音痴なボクちゃんでした。
ちなみに今回の特集でいちばん勉強になったのは松本州平氏による筆の洗い方のページ。そして大阪のアイテムクラフトさんのツイート「溶剤に浸けると筆先が開いてしまう理由」も知っておくといいですよ。スケール物の作例はファインモールドの九八式陸上偵察機、ピットロードの戦艦武蔵、ハセガワのスカイラインGTS-Rの3つだけというさみしい状況ですが、色付きのボディの染み上がり対策で一度捨て塗りをするというのは初めて知りました。詳しくは本誌をご覧ください。

Leave a reply

*
DigiPress

1/43のメタル・レジンキットを中心に、模型製作のテクニックをわかりやすく紹介しています。
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 hand-built model cars.
Return Top