God Dwells in Small Things

デイトナクーペのエンジンを作る-2

コブラデイトナクーペに積まれていたフォードV8エンジンの模型です。ベースキットはモノグラムのコブラ289ですが、ロードバージョンなので吸気系に若干の違いが見られます。
レーシングVer.はエアクリーナーでなく、ダウンドラフトタイプのキャブレターとエアファンネルが8本並んでいます。
とりあえず簡単なところから、ファンネルの中央に見える細いパイプ(インナーベンチュリ)を、0.4mmの真鍮パイプを切り揃えてメッキしました。
ファンネル本体はメイクアップの最後のストックを開封..。インナーベンチュリとファンネル内腔の隙間を埋めるスペーサーは、0.8mmと0.6mmの真鍮パイプを重ねて作りました。
ファンネルの上から覗き込んだとき、奥まった部分が目立たないようにジャーマングレーで塗りつぶしておきます。
ウォーミングアップが済んだのでキャブレターに取り掛かりましょう。お手本はボシカの356スピードスターに入っていたメタルパーツです。
ファンネルの根元のパイプは外径1.4mm、ドリルで内径を広げてスムースに差し込めるようにしました。2本をまとめるプレートは0.3mm厚の真鍮帯金です。手回しのピンバイスだと正円にならないので、フライス盤を使いました。
こんなふうに穴と穴の間隔の正確に揃えたいときにも、フライス盤は重宝します。2本のパイプは少しだけ上面に飛び出した状態で固定したいので、0.3mmプラ板のスペーサーを挟んで半田付けしました。
次はパイプの下側に付くひし形のフランジです。素材は0.2mmの洋白帯金で、同じようにフライス盤で直径1.4mmの穴をあけ、サンドペーパーでバリを取り除いておきます。
ニッパーで切り離した小片をドリルの軸に通し、半田を流して一体化した状態で形状を詰めていきました。
ある程度の形になったところで、半田を外してバラバラの状態に戻し、さらに形状を追い込みます。
フランジの両端にある固定用のボルトは小さすぎて差せませんが、凹モールドぐらいはあったほうが良さそうなので、プラ板に瞬間接着剤で仮止めした状態で作業を進めます。
オリジナルのマニホールドのモールドを削り、作ったキャブレターを並べようとしましたが、穴あけの寸法を読み違えて失敗! 代わりにプラ板を使うことにします。板の厚みや隙間の間隔など、わずか0.1mmの違いで見え方に差が出てくるので、幾つか作ってしっくりくるものを選びました。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 5 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. こんにちは、いつも拝見しています
    真鍮パイプのメッキはニッケルメッキでしょうか?
    メッキ液の入手先などご教示頂けるとうれしいのですが・・・

    • おっしゃるとおりニッケルメッキです。大阪のマッハ模型の製品です。お近くの鉄道模型専門店に問い合わせてみてください。

Leave a reply

*
DigiPress

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top