God Dwells in Small Things

デイトナクーペのエンジンを作る-1

2018年の静岡ホビーショー・モデラーズクラブ合同作品展で、僕が所属するルマンの会(南館62番)のテーマ 『エンジン』に合わせ、こちらを作ってみることに..。
例によってあまり時間がありませんが、たかだか3-4センチの大きさだし、塗装の乾燥待ちもほぼ無いので、なんとか間に合うと思います。
基本的なパーツは大昔のモノグラムのコブラのプラモデルから流用しますが、キャブレターやカムカバーロッカーカバーは形状が異なるので、新しく作らないとダメです。
オイルパンやオルタネーターのパーツはメッキがかかっていたので、キッチンハイターに浸してメッキを剥がしました。1時間もしないうちにきれいになります。
左右のエンジンブロックを流し込みタイプの接着剤で貼り合わせます。オリジナルのシングルキャブは削って平らにする必要があるので、パーツ裏の隙間にエポキシパテを詰めました。
盛り上がった接着跡をヤスリで整形して、とりあえずジャーマングレーに塗ってみました。黄色の成型色よりはやる気が出ますね(笑)

Sponsored Link

Leave a reply

*
DigiPress

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top