God Dwells in Small Things

F-4Jファントム再開-14(スタビレーター編)

アカデミーのF-4Jファントムは、作品展の前日、金曜日の深夜に水平尾翼(スタビレーター)の塗り分けを行いました。パイロットのフィギュアと同時進行だったので、できるだけ迷わなくて済むように、マスキング&エアブラシで細かく工程を分けて進めています。
最初にシルバーの部分をベタ塗りしますが、その前に白の塗膜をバフレックスで面出し。マスキングテープは太い18mm幅のものをフリース生地のパンツに2-3回貼ってノリを弱くし、それをマットの上で切り出せば、エッジにケバが出ることなくマスキングできます。
シルバーが乾いた後、筋彫りで区切られた中央部分のみをマスキングし、薄めた黒でシャドーを吹いていきます。僕はちょっと調子に乗って濃くしすぎてしまいましたが、あまりやりすぎないほうが上品だと思います。
次にテープを剥がしてシルバーエリア全体を、クリアースモーク+レッドブラウンでオーバーコートします。
最後に『こすって銀さん(グラファイトの粉)』をまぶした綿棒で擦れば完成! ランダムに黒光りしてくれて、エアブラシのシャドーの不自然さが緩和されます。
そしてここからは作品展の後に行った追加作業。ネイビーファントムのスタビ裏面には独特の輪状の焼けが見られるので、クリアーのオレンジ、イエロー、ブルー、レッドで再現してみましょう。
最初に型紙を使って吹いたら、笑えるほどワザとらしくなってしまったので、いったんシルバーを重ね吹きしてボカし、フリーハンドの細吹きでやり直しています。最後にスモークブラックで全体のトーンを引き締めれば完成です。

Sponsored Link

Leave a reply

*
DigiPress

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top