God Dwells in Small Things

スーペリアモデルの250GTOのリペイント-10

スーペリアモデルの250GTOは微速前進、ドアの前にデカールを貼った後、クリアーコートの手前まで進みました。
デカールは手持ちの中からボディの大きさに合ったものを選び、わずかに余っていた透明部分をデザインナイフで切り落としてから、マークソフターとヘアドライヤーの熱風でしっかり定着させました。
ドアとボンネットを合わせてみると… LEDの照明下ではボディに比べて色の濃淡の差がはっきり分かってしまいます。もう1回シンナーに浸して振り出しに戻るのは辛いので、2-3日放置して対策を考えました。
とりあえず#1500の耐水ペーパーとスポンジヤスリで表面を研ぎ直し、その上からダークブルーを重ね吹きしてみることにしました。
デカールの部分はマスキングゾルで覆って、今度はドアとボンネットをテープで仮止めした状態で、ムラが出ないように3-4回吹き重ねました。塗料の希釈度はかなり高めです。
マスキングゾルはピンセットでつまんで剥がし、そのままの状態でラッカークリアーを薄くオーバーコートしました。途中で少し埃を巻き込んでしまったので、塗膜が完全に乾いてから削り落とし、あと2回くらいコートする予定です。

Sponsored Link

Leave a reply

*
DigiPress

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top