God Dwells in Small Things

1日15分で作るブルムベア製作記(5)

ツイッターで日々報告している『1日15分で作るブルムベア初期型』のまとめです。先週1週間でシャシーの工作を終わりにする予定でしたが、ちょっと問題が見つかって作業が遅れています。
シャシーとリアパネルの継ぎ目は、溶きパテを1回塗ったくらいではまず埋まらないので、乾燥時間をじゅうぶん取って2回3回と塗り重ね、#400〜800のサンドペーパーで仕上げました。
アイドラーホイール(誘導輪)の基部パーツは数が多くて、片側分のゲート処理だけで15分があっという間に過ぎてしまいます。作業を途中で止めて「また明日…」とするのは効率が悪いように思えますが、そのインターバルのおかげで新たな『ひらめき』が生まれる事もあります。
履帯の張りを調整するナットは、エッジの段差を強調するためにモーターツールの先に固定し、回転させながら糸鋸の刃を当てて溝を彫りました。全てのパーツが組み上がると、このリアパネルだけでも圧巻の情報量です! ちなみに接着はリモネン(高粘度)で位置を決めた後、流し込みタイプを面相筆で隙間に流して補強しています。
E型のシャシーの特徴の一つが、この横長の排気管(マフラー)ですが、ここは以前作ったF1型のように肉薄の真鍮で作り直して、ベコっと凹ませたいところです。さすがにこれは15分では無理なので、いずれ時間がとれるときにやってみようと思います。
起動輪の最終減速機カバーを接着する際、実車の写真をチェックしていてなんとなく違和感が…。犯人はバンプストッパーのリブの厚みでした。パーツの組み立て前なら、エッジを薄く削り込むことは難しくなかったはずです。
でも今となってはヤスリも使えず、BMCタガネを彫刻刀代わりにして、リブの内側を薄くそいでいくしか方法がありません。内側のボルトのモールドを損なわないように、両側合わせて10個もあるのでけっこう大変です(笑)

Sponsored Link

Leave a reply

*
DigiPress

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top