God Dwells in Small Things

2017静岡HSモデラーズクラブ合同展の「いいね!」作品

2017年静岡ホビーショーのレポートの〆は、モデラーズクラブ合同作品展で心が動いた作品の紹介です。僕はミリタリーモデルではIII号とかIV号系の砲身の短い戦車が好みなんですが、今回はその方面にはまったく目が向かず、シャーマンとかトラクターの作品ばかり写真に収めていたから不思議ですね。

毎年数多くの作品が集まる飛行機の模型では、機体半分をナイフで切り抜いて骨組みを再現したカットモデル。これには製作者の執念みたいなものを感じて怖かったです(笑) 執念といえば、展示卓の後方で旅客機と一緒に並べるトラクターやドーリーを必死で増産していたオッチャン… まぁその気持ちは痛いほど分かりますけどねー。あと、第2会場に飾ってあったバトルオブブリテンのオブジェ的な作品。これが今回の静岡で最も印象に残った作品! 良いもの見せていただきました。

カーモデルではやはり1/12や1/8スケールの大きなものが、混雑した会場ではひときわ目を惹きましたね。19番の250GTOはここ数年、韓国から連続で参加しているHobby Campの卓に置かれていたもので、静岡までの梱包・運搬がさぞ大変だったことでしょう。1/24や1/43のモデルは持ち運びが楽というメリットがありますが、見せ方に工夫がないと、なかなか一般の来場者には立ち止まってもらえないように感じました。

あと、模型雑誌に掲載された『あの作例』を目の前で拝めるのも、静岡ホビーショーの楽しみの一つです。MG誌6月号でパガーニを担当した高橋氏には、記事に書かれていたマグネットによるカウルの脱着・開閉をノリノリで実演して頂きました。次の横浜ホビーフォーラムでも『あっと驚くような作例』を期待してます!

最後はとても残念なお知らせ。別会場で行われていたモデラーズフリマのM.Sモデルスのブースに飾られていたミリタリーフィギュアが2体、盗難にあったそうです。お心当たりの方はM.S Modelsまでご連絡を!(https://www.facebook.com/events/1867425290167675/permalink/1880886922154845/

Sponsored Link

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top