God Dwells in Small Things

タミヤの1/48シャーマンM4A1製作記-7

M4A1シャーマンの部分連結式の履帯(キャタピラ)です。プラモデルには付き物の『突き出しピン跡』は溶きパテを使って埋めました。瞬間接着剤&パウダーの固めワザを使わないのは、後の整形作業が厄介になりそうだから‥。
ご存知のように溶きパテ(ラッカーパテ)は乾くとヒケるので、しつこく塗り重ねて段差を埋めます。そうですねー、3日間のインターバルで5-6回は塗り重ねたでしょうか。もうそろそろ良いかな?と判断したら、画像のように細く切ったサンドペーパーで周囲に馴染ませるように削っていきます。
次は履帯の側面に走る『パーティングライン』です。状態を確認しやすいようにサーフェイサーを吹いてから作業に取り掛かります。
デザインナイフの先でちまちまと削ります。完璧を求めては完成しなくなるので程々にしておきましょう。戦車模型の場合、ハードな汚し塗装を行うことで目立たなくなるので、これらの作業はやらなくても問題ありません。性分ですね(笑)

Sponsored Link

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top