God Dwells in Small Things

器用と不器用の – マスキングテープの境界線

先週末は250GTOの窓枠をマスキングしつつ、「手先が器用な人と不器用な人の境目ってどこだろう?」と、普段なら気にもとめないようなことを深く考えていました(笑)
たとえば “カッティングマットの上でマスキングテープを細長く切る” という行為は、特に器用さが求められる作業ではありません。試しに模型歴ゼロの妻にやってもらったところ、デザインナイフの切れ味にこそ驚いていましたが、普通にカットできました。
続いてこのマスキングテープを窓枠に沿って貼る作業です。位置決めの際、ほんの0.05mmズレただけで窓枠の太さが違って見えるので、慣れない人には難しいでしょう。ゆるやかな曲線を描いている部分は、あらかじめその曲率に合わせて指先で曲げたものを貼り付けます。一発でOKとなることはまずありません。二度三度と貼り直しているうちにテープの端面が乱れたり、ホコリを噛んでしまったりするので、そうなったらまたテープを切るところからやり直し‥。そんな時は自分でも「あぁ、なんて不器用なんだ!」と思うので、冒頭で述べた『器用・不器用の境界線』はこのあたりに認定したいと思います。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 起用・不器用の境界線ですか・・・
    自分も不器用な方ですが難しいですね。
    上村さんのようにマスキングテープを窓枠に張り付ける
    作業もホコリを噛んでも無視してますもん・・で、ドツボに嵌る
    のが常です。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top