God Dwells in Small Things

コンプレッサーのフィルターの経年変化にご用心!

え〜、年の瀬でいろいろ忙しいことになっております。今日は自室の大掃除をしましたが、取り外した換気扇のフィルターを観察すると、今年作った模型は何色が多かったか一目瞭然で分かりますね。
塗装室の中にあった機材や塗料はすべて外に運び出して、床と壁は固く絞った雑巾で拭き清めました。でも床や壁に好き放題に飛び散っている塗料のしぶきは消えないので、見た目はぜんぜん変わりませんけどね‥。
「そういえばこのコンプレッサー、10年以上使っているけど、フィルターのカバーは開けたことないな。中はきっとスゴいことになっているに違いない!」 その結果は、想像の斜め上を行くものでした(笑)
最初は塗料のミストが表面にびっしり付いていると思って、掃除機で吸い込んだんですよ。そしたらネチョネチョって、劣化して溶けたフィルターが吸い口にこびり付いてきました。 GSIクレオスでは交換用のフィルターも販売しているようですが、薄いスポンジシートを巻きつければ代用できそうなので、明日あたりホームセンターで材料を探してきます。

ウチの『L5』は10年間メンテナンスフリーで故障知らずの働きモノです。もし1/24以上の大きさのプラモデルを塗るのであれば、空気の流量に余裕のある『L7』のほうをお勧めします。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 3 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. コンプレサーを使うようになって随分と経ちますが一度も掃除を
    した記憶が有りません。理由は説明書に書いてあった「メンテナンスフリー」
    の言葉を信じているからです。ちなみに自分が使っているのはWORKのイエロー4
    です。まぁ、そんなに制作台数も多くないので、「まっ・いっか」と思っています。
    今年も残すところ1日となってしまいましたね、上村さんのHPでは制作のヒントを
    たくさん見させていただき、ありがとうございました。どうぞ、良いお年をお迎えください。

  2. ロックペイントの一斗缶見るの六本木に事務所があった頃の塗装室以来です!
    年末の塗装室掃除思い出しました!

    • シンナーを一斗缶で買うようになると、クレオスの瓶入りのものが「高いな〜」と感じますが、そのぶん保管に場所をとるし、重くて扱いも面倒なので、どっちもどっちですね(笑)

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top