God Dwells in Small Things

Bosicaの356Speedster製作記-24

ボシカの356スピードスターはサイドモールを接着するための凹みをボディの両側に彫りました。
DSCF8436使ったのはゴッドハンドのスジ彫りヤスリです。刃が片側しか付いていないので、やわなマスキングテープでも十分なガイドになります。
DSCF8441奥から手前に引く感じで2-3回彫っていくと、サフが削れて下地のニッケルが顔を出しました。
DSCF8442スジ彫りのままだと幅が細すぎるので、デザインナイフで塗膜を切り取り、0.5mmくらいに揃えていきます。フリーハンドは最初は怖いですが、何ごとも慣れです(笑)
DSCF8443今回のボディカラーはシルバーですが、ちょっと新しい塗り方を試してみましょう。まずは下地にGSIクレオスのウィノーブラック(ラッカー系)を吹きます。
DSCF8446途中に30-40分ほど間を置いて、2度吹き重ねました。最初は艶々ですが、時間の経過とともにシンナー成分が揮発し、サフ表面のキズやアラが浮かび上がってくるので、後で磨きの作業が必要です。
DSCF8450前後のフードやバンパー、ドアは別々に塗りました。エアブラシを全開で塗料を多めに乗せると艶は出ますが、エッジに塗料がたまってうねりが出やすい‥。こればっかりは、何度経験しても上手くできませんね。

Sponsored Link

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top