God Dwells in Small Things

博物館のPanther-6

グンゼのパンターG型の製作過程のご報告です。今回ご紹介するのはリアパネル、記録を見ると2007年6月の工作となっています。

DSC00025

まずはタミヤのパンターG型のリアパネルから、牽引ホールドや冷却水の排水カバーを切り取ります。このような板状のパーツのモールドを切り取る際は、あらかじめ輪郭を浅く筋彫りしておき、裏側の余分なプラを粗目のサンドペーパーで削り落とすと、輪郭がきれいに仕上がるでしょう。

DSC00027

グンゼの大味なメタルパーツは引き剥がして、代わりにタミヤのパーツを移植します。誘導輪の取り付け基部も、タミヤのパーツを使ってアームの構造を再現してみました。

DSC00052

排気管の基部はドラゴンのスマートキット・パンターG型のパーツを、吸気グリルと一緒にレジンで複製しました。ゴム型の作りはいわゆるタイヤキ方式で、不良品発生率80パーセント(笑)と量産には向きませんが、今回のようなワンオフ製作には十分です。

DSC00001

ネットの画像を見ると鋳造カバーの縁は意外と薄く、接合面にサンドペーパーを当てて、0.7mmの厚まで削り込んでから取り付けました。

明日に続きます。

Sponsored Link

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top