God Dwells in Small Things

Ferrari 312T2, again-7

メイクアップの312T2はいよいよフルディテール化のための工作に入ります。まずはアッパーカウルからサイドポンツーンの上面部分を切り取り、真鍮板で作り替えましょう。

I removed the top board of the side pod and then remade it with a 0.3mm brass plate. After test-fitting the brass to the underbody, I opened three oval holes for the fuel trap. The small photo-etched parts were come from Tameo.

IMG_5503-001

モーターツールの刃が跳ねて余計なところが傷つかないよう、慎重に作業します。

IMG_5505-001

コクピット前のダクトの内側のパーツは、瞬間接着剤でカウルに仮止めしておき、一緒に削ってしまいました。

IMG_5507-001

0.3mm厚の真鍮板で上面部分を再生します。現時点では左右一体のまま、セパレートじゃないほうが作業しやすいと思います。

IMG_5508-001

燃料タンクの給油口を、タメオのエッチングパーツを参考にして開口します。

IMG_5510-001

給油口のフタとその中身は、タメオのエッチングを使わせてもらいました。

IMG_5511-001

頑張って7月中には完成させたいものです。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. モーターツールを使っている時が一番怖いです。
    慎重にやっているつもりでも、気を抜くとビットが暴れるんですもん。
    まぁ、それはデザインナイフでもスジボリ用の縫い針でも同じなんですけどね。

    • モーターツールは軸の回転方向を意識して使ってみて下さい。刃が暴れる(引っ掛かって跳ねる)ときは、どう頑張っても制御は不可能です。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top