God Dwells in Small Things

Ferrari 312T2, again-26

模型を作っていて、楽しいな〜とか、長時間でも苦痛に感じない作業と、嫌だなぁ、できれば避けて通りたいな〜と躊躇する作業に二分されることに、最近になって気がつきました。F1の模型はどちらかといえば、苦痛に感じる作業が多い傾向にありますが、こんな小物パーツを手先の感覚でひねり出していく作業は、けっこう楽しいものがあります。

I made extra details around the engine with aluminum and brass pieces.

IMG_5721-001

シート右後方にあるタンクはアルミの棒材を挽いたもので、実車はロールバーと干渉しないように”逃げ”があるので、模型も角ヤスリで凹みをつけました。キャップは真鍮の削り出しで、手ヤスリで2本の爪を削り出しています。

IMG_5741

デスビの隣の円柱状のパーツも真鍮の削り出しで、T2MのボルトヘッドとMFHのリベットでディテールアップしました。全体にニッケルメッキをかけて銀色にした後、天面はヤスリをかけて真鍮色に戻し、中央の凹みにはデカールを巻いて黒くしています。

IMG_5722-001

リアサスのラジアスロッド、ここは作り方が既に定番化しているため、楽しいわけでもなく、苦しいわけでもなく、ただ淡々と、0.7mmの洋白線と0.6mmのパイプのコンビで作りました。ただ最近、モーターツール用の丸ビットを全サイズ新品に入れ替えたので、やっぱり切れ味の良い刃物を使った工作は快感ですね。

IMG_5733

できれば避けて通りたい、苦痛しか感じない作業の代表がこちら、ウイングの組み立てです。左右対称(に見えるよう)に仕上げなきゃいけないし、接着剤のはみ出しにも気をつかうし‥。でも、誰かがやってくれるわけでもないので、気持ちを切り替えて、目が疲れていない朝のうちに片づけました。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 模型制作って、まるでSMの世界に似ているような。
    自分の場合は苦痛だらけですけど・・・トホホのホ。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top