God Dwells in Small Things

McLaren F1-GTR’96-8

早くボディを白くしたい衝動を抑えつつ、マクラーレンGTRのインテリアを煮詰めていきましょう。ロールケージは1.2mmの真鍮線を使って、まず基本となるドライバー後方のバーから曲げていきます。

Today I built up a roll cage with 1.2mm diameter brass line and solder.

IMG_2350

次に左右のAピラー裏側のバーを2本、続いてその左右を連結する水平のバーを半田付けすると、しっかり強度が出てきました。ちなみにここまで治具などは使わず、目分量で作っています。

IMG_2351

念のためボディを被せて確認してみると、ダッシュボードが大幅にズレてセンターが出ていないことが判明‥。

IMG_2352

ダッシュボードを固定するネジ穴を横長にして、位置を微調整できるようにしています。

IMG_2353

ダッシュボードとFウインドウ内側の隙間も気になったので、エポキシパテを使ってダッシュボードのアウトラインを広げることにしました。

IMG_2354

パテの張り付き防止のため、ボディの内側にはマスクゾル、ロールケージにはグリスを塗ってから、ボディとシャシーを合体。このままエポキシパテの硬化を待ちます。

Sponsored Link

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top