God Dwells in Small Things

McLaren F1-GTR’96-30

昨晩はルマンの会のミーティングで、今週末の静岡ホビーショー・合同展に向けての作品が20数台集まりました。まだ完全に出来上がっていないものも幾つかあって、我がマクラーレンF1-GTRもその中の1台‥。さぁ、ラストスパートを頑張りましょう!

Over twenty 1/43 model cars got together at our LeMans Club meeting last night. I bring them to Shizuoka Hobby Show Exhibition next weekend.

IMG_2513

まずは昨日貼り付けたカーボンデカールの表面処理。リアウインドウから近いこの部分は、特に艶々な質感が欲しかったので、クリアーコート後に中研ぎを入れて細かい凹凸をスムースに均した後、再度クリアーを吹いて仕上げておきました。

IMG_2514

エッチング製のシートベルトの塗装は、両面テープで持ち手に固定して、金属プライマー→白→コバルトブルーの順番に吹き付けます。

IMG_2515

金属部分の塗膜をデザインナイフで剥がして金属地を露出させ、デカールを貼った後につや消しクリアーを吹いて仕上げました。

IMG_2516

アンカーに巻き付くベルト部分は、直径0.8mmの真鍮パイプをベルトの幅に揃えて切ったもの。洋白線にパチンとはめ込むために、面の一部を削って断面をC字形にしています。

IMG_2520

短く切った帯金を用意して、シートベルト後方とアンカーを結ぶベルトを後付けしました。塗装も二度手間になりますが、急がば回れ、です。

IMG_2521

実は昨晩、ミーティングに持参する際、ダッシュボードとロールケージを入れて組んでみたところ、どこかしら干渉があって、ボディが完全に閉じてくれませんでした(笑) 問題解決のため、ロールバーとルーフ内側の当たっていそうな箇所をモーターツールで削り取ります。

IMG_2512

レジンの削り粉は静電気を含んで簡単には落ちてくれないので、この後ボディを丸洗いしてクリーニング。このとき水滴がライトハウジング内に残ると、痕が残ったりして面倒なことになるので注意しましょう。

明日に続きます。

Sponsored Link

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top