God Dwells in Small Things

McLaren F1-GTR’96-29

マクラーレンF1-GTRのコクピットにサーフェイサーを吹き、目立つ小キズには筆でサフを塗り込めておきます。

I’ve almost finished to paint the cockpit of the McLaren F1-GTR… it was a bit hard way to make a small seatbelt anchorage with nickel silver pieces.

IMG_2506

シートベルトは沢山余っているタメオのエッチングバーツを使って簡単に済ませるつもりでしたが、肩ベルトの近位端(シャシー側)の固定方法で、かなり手間を喰ってしまいました‥。

IMG_2503

画像のエッチングパーツはルネッサンスの同キット(’95年優勝車)に付属していたベルトの固定具ですが、’96年型は若干形状が異なるようなので、さかつうの0.2mm厚の帯金から自作します。

IMG_2504

金具の間に2本の洋白線を通して半田で固定しましたが、その幅(左右の金具の間隔)が問題で、シャシー側の凸部にピタリ合わせるのに小一時間ほど掛かりました。

IMG_2511

シャシーを半つやの黒で塗装した後、目立つ箇所にカーボンデカールを細かく切ったものを貼っていきます。

IMG_2507

ステアリングはキットのプラパーツの出来が良かったので、センター部分のヒケをパテで埋め、パーティングラインを消してから、全体をジャーマングレーで塗装します。

IMG_2508

中央のスポーク部分をマスクゾルでカバーし、タミヤアクリルのフラットブラックを遠目から吹き付け、ガサガサのつや消しに仕上げました。

IMG_2509

ダッシュボードはウォームグレーっぽい色調のつや消しで仕上げ、センターメーターとサイドパネルにはルネッサンスのデカールを貼っています。

明日に続きます。

Sponsored Link

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top