God Dwells in Small Things

雑誌『モデルグラフィックス 2014年5月号』

今月のモデルグラフィックスは、懐かしいアリタリアカラーのストラトスが目印! ゴールデンエイジのラリーカー特集です。

IMG_4718

メインの作例は昨年末に発売されたアオシマの1/24セリカ GT-FOUR‥のはずですが、ストラトスやら037やらアルピーヌ ルノー といった”横綱大関”級のモデルが勢揃いしているので、ちょっと影が薄くなっっちゃったな〜と思うのは私だけ?

IMG_4721

あと、いつも思うんですが、ラリーカーの模型は表面仕上げが難しいですよね。あまりにツヤツヤ・ピカピカでクリアーの肉厚ばかりが目立ってしまうようだと、ラリーの戦闘的な雰囲気とはちょっと違ってきますし‥。

IMG_4720

そういう見方からすれば、こちら3台のタミヤ・ミニクーパーの仕上げは、ベストな落としどころと言えるのではないでしょうか?

IMG_4722

ミリタリーモデルは第一次大戦の仏軍サンシャモン突撃戦車。詳しいことは判りませんけど(笑) 迷彩のトーンと履帯まわりのウェザリングが素晴らしいですね。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. お買い上げありがとうございます。

    セリカ完成後にクラシックWRC特集決まったんですが、その際に「セリカは主役じゃないよ~」との悲しいお達しがありました。あくまで切っ掛けだよと・・・・・・

    自分的には特集のお陰で不良在庫になりかけてた037を完成させられたのでOKかなぁ

    つやの問題悩ましいです。単色なら塗りっぱなしも行けそうですが、カラーリングが施されていると重ね塗りとかの関係で良い佇まいに出来る自信がありません・・・・・
    結局クリヤーで埋めて平滑化しちゃうのが容易なんですよね・・・・・今後の課題にしていきたいです。

  2. セリカGT-FOURは昔、タミヤの流線型セリカとモデラーズのデカールで改造を試みて撃沈! ルナテックのレジンキットも作りきれずにダメにしたりと、”負”の思い出ばかりなんです(笑) だから今回のかっぱコーヂさんの記事は、数ヶ月前からとても楽しみにしていました。

    037ラリーのフルディテールモデルも素晴らしい仕上がりですね。この車もやはりモデラーズのデスクトップキットやベルクのレジンキットなど、過去に無駄にしてきた記憶が蘇ります。来月のホビーショーでは実物が拝めるんですね。こちらも楽しみにしています!

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top