God Dwells in Small Things

Ferrari 312T2, again-8

本日の朝9時、F1モデリングの原稿をようやく書き終えました。ブログと違って訂正できませんので(笑) エディタの画面上で推敲を繰り返し、メールで送信する前にプリントアウトして最終チェック。そこから全面的に書き直すこともよくある話で、今回もかなりの難産でしたねー。雑誌のほうは7月の第3週あたりに発売予定なので、見かけたらぜひお手に取ってご覧下さい。

メイクアップの312T2は、サイドポンツーンのエアアウトレットの一部を洋白板で置き換え、見た目の向上と共に強度アップを計ります。昔、Scalaさんの製作記で見つけた方法です。

I replaced the thin edge of the radiator outlet with a 0.2mm nickel silver plate.

IMG_5512-001

まずは0.2mmの洋白板を、真鍮の天板のラインとピッタリ合うように削り合わせてから‥。

IMG_5514-001

キットのメタルパーツの該当部分を切り取り、先ほどの洋白板を乗せて半田で固定しました。

IMG_5518-001

余分な半田を削り取るとこんな感じ。昔の作品ではエッジを斜めに削って薄く見せていましたが、まぁ、こっちのほうが強度の点では安心できますよね。

IMG_5519

反対側も同じように洋白板を取り付けました。ちなみにここで使ったのは25Wの半田コテです。

IMG_5521

実車はエッジの部分に”返り”があるので、0.3mmの真鍮線を短く切ったものを半田で追加しました。※ここは15Wのコテを使っています。

明日に続きます。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 20Wと15Wだと低温ハンダを使っているんですか?
    融点が185℃のハンダだと、やっぱり20wで十分ですかね・・・
    いつも30wのハンダゴテなので、熱が伝わらない気がして。

    • 低温半田は経験上、ラッカーパテのようにヒケるので、そうなっても
      OKなところにしか使いません。

      熱の伝わり方は、コテ先の形状にもよると思いますよ。

  2. 自分の持っている20Wと30wのコテ先は細いんですよ。
    今度、ホームセンターに行く時があれば探してみようかなと思っています。

    • 15W程度のコテがあれば、先日のタイロッドやミラーのような、細かいメタルパーツが相手でも、溶かすこと無く半田付けが可能になると思います。仮にあの作業を25Wでやれ!と言われても、たぶん出来ません(笑)

      今回の画像2枚目、4枚目で使っている半田は、ノブさんの半田の融点と同じく185度前後のものです。半田付けする部位がパーツのエッジ、つまり熱が逃げにくいところなので、使うコテは25Wのものでじゅうぶん間に合いました。

      これがハコ車のボディなど、熱がどんどん逃げてしまうものが対象になると、50Wとか80Wとかハイパワーのものが必要になってくるわけです。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top