God Dwells in Small Things

Esprit of 250GTO-15

メタリックブルーの塗装後、1時間ほど経ってからマスキングを剥がしました。

I peeled-off the masking film about an hour later, and then retouched the border with a fine brush soaked with laquer thinner.

IMG_2941

概ねキレイに塗り分けられましたが、筋彫りの中などはどうしてもフィルムの密着が甘く、吹きこぼしがあるので、クレオスの薄め液を含ませた筆でていねいに拭き取っていきます。

IMG_2942

下地にウレタン塗料を使っているからこそ可能なテクニックで、すべてラッカーの場合は、1500番くらいのサンドペーパーとコンパウンドで削り取る感じで修正していきましょう。

IMG_2943

リアスポイラーは、研ぎ出しを終えるまではバラバラのほうが好都合なので、ボディとは別個に塗装しました。マスキングの位置がズレないか心配でしたが、どうやら大丈夫そうです。

IMG_2945

さぁ! すぐにでもデカールを貼りたいところですが、その前にクレオスのスーパークリアーIIIで全体を薄くコートしておきます。このまま半日ほど乾燥させてから、塗り分けの段差を軽く研ぎ出し、デカール貼りへと進む予定です。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. マスキングと塗り分け、ばっちり決まっていますね。デカールを貼る前に何故ラッカークリアーを吹くんでしょうか?

    • メタリックブルーを直に研ぐと下地が出そうで怖いので、保険の意味でクリアーを吹いています。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top