God Dwells in Small Things

IV号戦車で静岡へ(その5)

先日オープンしたドイツのニュルンベルクトイショー(正式名称はシュピールヴァーレンメッセ)で、タミヤの新製品が発表された様ですが、1/35スケールのミリタリーは『ナースホルン』。えぇ!今さら‥といった感はあるものの、ドラゴンやAFVクラブのキットはパーツが多すぎて勘弁!と諦めていた人には朗報ですね。

IMG_4502

前回のエントリーで愚痴っていたバンプストッパーの加工。作業の都合で削り落としてしまった六角ボルトの頭は、タミヤのタイガーIの転輪から切り取り、微量のラッカーシンナーを流して接着します。

IMG_4503

サスペンションのパーツ一式。無心になってゲート処理、そしてパーティングラインを整形していきます。

IMG_4504

ここでシャシーと左右のフェンダー、それに戦闘室を仮組みしてました。赤い矢印の部分が干渉していたので、フェンダーは後方に、戦闘室は前方にズラす感じで、うまく収まるように調整します。

IMG_4505

マフラーのパーツは若干ダメージ表現を入れたかったので、本体のパイプを真鍮丸棒を旋盤で挽いて自作しました。この後、ガスコンロでふにゃふにゃに焼き鈍してから凹みを入れてやります。

Sponsored Link

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. そうなんですよ!タミヤからナースホルン出るんでよねぇ!
    フンメルも出ちゃうですかね?
    確かに今更感はあるけど、タミヤスタンダードで作り易いキットなんでしょうね。
    まあ!四号戦車はあまり好きでは無いのですが、この二つは大好物(笑)なんで発売したらとりあえず買っちゃいます。

1/43スケールのレジン・メタルキットの作り方、模型製作のノウハウを紹介しています.
Welcome to my site! The focus here is representing 1/43 scale hand-built model cars. I have built over 50 models since 1994. It has been greatest pleasure to share my building processes with you via internet.
Return Top